TOP > コーヒーと健康

コーヒーと健康

コーヒーにはいろいろな健康に関するウワサ・情報があります。
実際には、コーヒーは健康にどのような効果があるのでしょうか??
コーヒーと健康

カフェインについて

コーヒーにはカフェインが含まれているのは有名な話です。カフェインは、集中力の増加や覚醒作用(頭が冴える)があります。また、利尿作用もあるとされています。また、副作用として不眠作用(眠れなくなる)があります。

ここで気をつけて欲しいことは、世の中にはカフェイン中毒というものが存在することです。主に、頻尿・精神不安定・集中力の欠如という現象が現れます。

しかし、カフェイン中毒になる人はかなり稀です。アルコール中毒とは違い、そうそうなるものではありません。短時間で異常な量のカフェインを(錠剤などで)摂取したりしない限りはなりません。また、1日に6杯以上はコーヒーは飲まない方がいいとされています。

コーヒーは心臓に悪い?

結論から言えば、違います。医学的にコーヒーが心筋に影響を与えていないことは立証されています。この俗説が広まった理由は、コーヒーを飲む人はタバコを吸う人が多かったからという説が有力です。

コーヒーはガンを誘発する?

これはまったく逆で、コーヒーはガンを抑制してくれます。1990年に国際ガン研究機関(IARC)はガン研究を分析した結果、コーヒーにはガンを抑制する働きがあるという報告を出しています。この発表より以前には、「コーヒーはガンを誘発する」という説がありましたが、何の根拠もありませんでした。

コーヒーは妊娠中に飲んでいいの?

妊娠中に飲んでも問題ありません。イギリスのコーヒー科学情報センターが、コーヒーによって流産・早産・未熟児・奇形児を誘発することはないと報告しています。

TOP > コーヒーと健康

タグ:コーヒー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。