TOP > コーヒーを楽しむ > コーヒー鑑定士

コーヒー鑑定士

世界一のコーヒー生産国であるブラジルは、コーヒーの鑑定に従事する人材にとても厳しいです。鑑定結果は国内にとどまらず、世界の市場に影響を与えます。

ブラジルでは「クラシフィカドール」と呼ばれる鑑定士が存在します。クラシフィカドールはカップテストと呼ばれる方法でコーヒーの品質を決定します。

なお、日本でクラシフィカドールの資格を取得することはできません。ブラジル現地に行って取得するしかありません。
また、日本国内にも独自のコーヒーに関する資格は存在します。全日本コーヒー商工組合連合会が発行する「コーヒーインストラクター」、日本スペシャルティコーヒー協会が発行する「コーヒーマイスター」、アメリカスペシャルティコーヒー協会が発行する「SCAA Certified Cupping Judge」などの資格が存在します。

これらの資格の取得は難しいものですが、クラシフィカドールに比べれば簡単とも言われています。


>> コーヒーインストラクター検定
>> 日本スペシャルティコーヒー協会 [コーヒーマイスターについて]

TOP > コーヒーを楽しむ > コーヒー鑑定士

タグ:コーヒー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。