TOP > コーヒーの淹れ方 > アイスドコーヒー

アイスドコーヒー

アイスドコーヒー(アイスコーヒー)は、日本発祥のコーヒーです。海外では、アイスコーヒーというものはあまり浸透していません。。

作り方としてホットコーヒーを冷ましてアイスコーヒーにしようとする方がいますが、そうするとクリームダウン現象という白く濁る現象が起きます。正しい作り方は以下の通りです。

抽出と同時に冷やす

通常の方法でコーヒーを抽出し、コーヒーを入れる器を氷で冷やし、コーヒーが急激に冷えるようにする。
(冷やしすぎると容器(特にガラス製)が破損することがあるので注意してください)

水にコーヒー粉を溶かす

コーヒー粉を水に溶かし、冷蔵庫に4〜6時間冷やしながら抽出する。そして、ドリッパーでこす。

[紹介文]
●長いアイスストレーナがドリップしたての珈琲をキュッと冷やして、 アイスコーヒーが手軽にすぐ楽しめます。
●ドリッパーは珈琲の層が深くなる「円すい形」。しっかり旨味を抽出します。

TOP > コーヒーの淹れ方 > アイスドコーヒー

タグ:コーヒー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。