TOP > コーヒーの種類 > モカマタリ

モカマタリ

イエメン共和国産のコーヒー豆。モカマタリは、モカの中でも独特の香りを持っています。

産地イエメン共和国 バニー・マタル地区
特徴独特の香りと酸味
最適なローストミディアム〜シティ
楽しみ方ストレート
カフェオレ
アイスコーヒー

[紹介文]
モカ港(Al Makha)からモカの、アラビア半島からアラビカのそれぞれの名前が生まれました。精製方法が昔ながらのため、時には外見がみすぼらしくなったり、時には不十分な乾燥のため味が悪くなったり、非常に気難しいコーヒーですが口当たり柔らかく、香しくほかに無い独特な味です。
古川珈琲株式会社 モカマタリ・クラッシック 100g
[紹介文]
このハイミ地域もバニー・マタル地域と同様に雨が多く、またしばしば霧がかかります。このあたりのコーヒーの木は原生種に近いので、生み出される豆は素朴でありながら気品のある味わいを醸し出すことで知られています。ハイマ一部族の人々により昔から大切に守られ、手摘みされたコーヒーをじっくりと時間をかけて天日乾燥しました。  ハイミ地域で育まれた、原生種だけが持つモカ臭と野性味ある甘酸っぱいコーヒーです。
[紹介文]
『珈琲定期便』誕生です!!! 毎月届く煎りたての珈琲 美味しい幸せ♪
これで買い忘れの心配・買い置きによる置き場所の心配もありません(*^0^*)//
しかも毎回購入するよりちょっぴりお得♪
[紹介文]
モカ珈琲には、エチオピアで生産される「モカ・ハラレ」とイエメン産の「モカ・マタリー」が最も有名な銘柄です。このマタリーはモカの中でも最高級品と評価されている珈琲豆で、特有の酸味とワインの香りなどに似ていることからワインフレーバーとも言われるくらいすばらしい香りが楽しめます。

TOP > コーヒーの種類 > モカマタリ

タグ:コーヒー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。