TOP > コーヒーの種類 > エルサルバドル

エルサルバドル

エルサルバドルは、ホンジュラスの西南にある国です。1929年の世界恐慌や内戦でコーヒーの生産量が減少した事もありましたが、現在では国の経済を支えるほどになっています。

産地エルサルバドル共和国 全域
特徴ク適度な酸味、深いコク
最適なローストミディアム
楽しみ方ストレート
ブレンド

[紹介文]
重厚なコクとアフターテイストの良さで、昔からファディでも根強い人気を博しているマンデリンですが、'リントンマンデリン'で特に皆様に感じてほしいのは、その特徴的なフレーバー!例として、「焼きたてのビスケット香」を挙げましたが、その他にも「雨上がりの森の土」や「ハーブ」、「マッシュルーム」なんてイメージを 連想する人も。実際のところ、どんなフレーバーなの?その答えは、ぜひ皆様の舌と鼻で感じ取ってください!
[紹介文]
エルサルバドルの酸味とメキシコの甘さ、ペルーの中性的な味、グアテマラのコクをブレンドし、やわらかな味を作りました。コクのある、柔らかな味わいをお楽しみください。
[紹介文]
透明感に溢れ、甘く、とても飲みやすい、ミルクチョコ系で、後味のスッキリした非常に魅力的なコーヒーです。
[紹介文]
エル・サルバドルの西部サンタアナ(Santa Ana)の標高1,400mに位置するマラカラ A(MALACARA LOTE A)農園にて100%ブルボン種で栽培されていますが、寒暖の差が甘味を増加させています。
[紹介文]
ご注文後に生豆から焙煎!6種類の焙煎方法が選べ!本物の香りをお届け♪

TOP > コーヒーの種類 > エルサルバドル

タグ:コーヒー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。