クロップ

クロップとは「収穫」「出来高」のことですが、コーヒー豆自体をさす場合もあります。使用例として、収穫年度による4つの呼び方があります。
クロップ

クロップの種類

4つのクロップの違いは、色沢・含水率・味が異なります。

ニュー・クロップ

その年に収穫されて数ヶ月以内の生のコーヒー豆。

カレント・クロップ

収穫されて数ヶ月〜10ヶ月寝かせたコーヒー豆。

パースト・クロップ

収穫されて1年〜2年寝かせたコーヒー豆。

オールド・クロップ

収穫されて3年程度寝かせたコーヒー豆。


深い味わいを楽しむなら、長い間寝かせてあるオールド・クロップが最も優れています。
しかし、味や香りを楽しむには摘んで間もないニュー・クロップが良いと近年では言われています。

また、オールド・クロップは非常に手間がかかるため、生産者が減少しています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。