TOP > コーヒーの歴史 > コーヒーの起源

コーヒーの起源

コーヒーがいつ発見されたかというと、正確にはわかっていません。有力な説として、エチオピア起源説イエメン起源説があります。

一般的にはエチオピア起源説が最有力説だと言われています。エチオピア起源説が最有力説である有名な逸話が「カルディの伝説」です。
コーヒーの起源

カルディの伝説

ヤギ飼いの少年カルディは、山野を歩きながら詩をつくっていました。

ある日、カルディがいくら笛を吹いてもヤギが一頭も戻ってきませんでした。
カルディはヤギを探しに行くと、ヤギ達は緑の葉と赤い実を食べ、辺りを走り回っていました。
ヤギがいつになく興奮していたのです。

カルディは、近くの修道院の僧侶にこのことを伝えました。
そして、持ち帰った葉と木の実を噛んでみました。

すると、2人も気分が良くなり、疲れを忘れてしました。

その後、修道院のすべての僧に木の実を食べさせると、眠気に襲われずに修行に励むことができました。
そして、その修道院は「眠らない修道院」と呼ばれるようになりました。
この話を読むと分かりますが、コーヒーは最初から飲み物として親しまれていたわけではありません。
コーヒー豆を生の状態で食べていたのです。

眠気に襲われなくなったのは、カフェインの効果です。
コーヒーが眠気を覚ますということは、発見当初から知られていたのです。

オマールの伝説

イスラム寺院の弟子、シェーク・オマールという人物がいました。
オマールはイエメンのモカで祈祷によって、たくさんの人を救ってきました。

そして、王女を病から救いましたが、オマールは王女に恋心を抱いてしまいました。
そのことが国王の怒りを買い、モカからオウサブに追放されてしまいました。

オウサブ山を歩いていると、赤い実をついばんでいる元気な鳥がいました。
オマールもその赤い実をスープにして食べてみると、オマールも元気になりました。

オマールは、このスープ(コーヒー)を多くの病人を救いました。
そして、オマールを追放した王に呼び戻され、のちにコーヒーを発見した聖人として有名になりました。
こちらの話では、コーヒーが飲み物として登場しています。
コーヒーを飲んで病気が治ったらしいですが、何の病気かは不明です。
TOP > コーヒーの歴史 > コーヒーの起源

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。